☆被写体を輝かせる写真術

こんにちは!あんずです。

今回は、写真術。

その中でも、"写真を引きで撮るか、アップで撮るかの決め方"についてお伝えします!

 

皆さんは、

「食べ物の写真が、上手く撮れないな〜…。」

という時、ありませんか?

 

私も上手く撮れず、感覚でなんとなく撮っていました。

 

しかし!

私は、ある"コツ"を発見しました…!

 

それは、ズバリ、

"主役は誰か"を見極める!

です。

 

お料理の中で、"主役はどの食材か"を見つける。

そのうえで、アップにするか決めます。

 

簡潔にまとめると、

・"主役はみんな!"な、お料理→"引き"で撮る!

・"目立つ主役がいる!"お料理→"アップ"で撮る

 

これに尽きます。

 

写真を使って、説明します。

これらは、日本大通りにある、"アルテリーベ"さんに行った際に撮影したものです。

お店の方にOKをいただきましたので、

載せさせていただきます。

 

①主役はみんな!:引き

例えば、このお料理の場合。

引きで撮るとこんな感じです。

f:id:bonsa1:20190618172418j:image

(↑フルーツトマトのガスパチョと真蛸のマリネ、バジルの香り)

ですが、アップだとこんな感じです。

f:id:bonsa1:20190618172557j:image

これは好みが分かれるかもしれません。

(写真の明るさが違うので、なおさらですね…。)

たしかに、アップの方が器の中まで見え、

食材がよく見えます。

 

しかしながら、今回は"引き"がいいです。

なぜなら、食器の中身は均質。

目を惹く主役がいるというより、

みんなが主役ですね。

そして、器のシルエットに目線が行きます。

 

よって、これは"引き"で撮ることで、

このお料理の良さ、味が引き出されてきます。

 

お次はこちら。

f:id:bonsa1:20190618173303j:image

(↑アスパラガスと功刀鱒、セルヴェルドゥカニュとともに)

これも"引き"推しです。

全ての食材が見えてこそ、のお料理だからです。

全体の素敵な色合いを強調するためにも、

引きだと良いですね。

 

②主役あり:アップ

続いて、アップ推しのお料理です。

f:id:bonsa1:20190618174035j:image

お魚に目が行くので、アップで撮ると良い写真が撮れます。

 

f:id:bonsa1:20190618174204j:image

(↑アルテリーベ特製ハンバーグ、フォアグラムースとトリュフを添えて)

こちらも、美味しそうなハンバーグに目線が吸い寄せられますね。

ハンバーグ、アップです!

 

 

このように、ぜひ、"主役は誰?"を意識しながら、撮影してみてください。

 

次第に、撮り方のコツが掴めてくるのではないでしょうか?

皆さんも試してみてください!

 

〜おまけ〜

今回は前述の通り、アルテリーベさんで撮ったお料理の写真を使わせていただきました。

 

美味しそう!と、このお店について気になった方もいらっしゃると思います。

そこでお店紹介です。

 

Alte Liebe Yokohama アルテリーベ横浜本店 - 横浜のレストラン・ゲストハウスウェディング・レストランウェディング

私は、毎年記念日にこのお店を訪れています。

美味しいのはもちろんのこと、

魅せ方にもこだわっていて、

目で見ても楽しめるお料理たちです。

また、バイオリンやピアノの生演奏も。

その場で曲をリクエストしても、すぐ演奏してくださいます。

f:id:bonsa1:20190618193253j:image

特筆すべきは、サービス精神旺盛なところ。

頼まずとも、記念日のケーキを特別に作ってくださったり…

お土産に、お店特製の焼菓子を用意してくださったり…!

こちらがお願いしなくても、記念日をお祝いしてくださる素晴らしい演出…。

毎度、頭が下がります。

まず、一緒に記念日を覚えてくださっていることに、驚きです。

お客さんごとに記録を残してくださっているのでしょうか…?

f:id:bonsa1:20190618193040j:image

↑お土産に、焼菓子を用意してくださっていた…!

 

隅々まで行き届いたおもてなしいっぱいの、アルテリーベさん。

素敵なひと時を過ごせること、間違いなし!

皆さんにもオススメのお店です。

f:id:bonsa1:20190618193457j:image