自分で、"自分の想像"を超えていきたい話

こんにちは!あんずです。

今回は、私のメンタル整理術シリーズではなく、私の最近の話をします。

 

いつもとちがって、私のマイナスな感情についても触れます。

なので、なんだか少し暗い話だな、と思われるかもしれません。

でも、マイナスなことでも、

"キラキラのみなもと"だったりするのです。

 

マイナスや大きな喪失は、

ジャンプに例えるなら、

高くジャンプするための"しゃがみ"の部分。

 

プラスを生むための、大事な過程です。

そして、私の大事なストーリーの一部でもあるのです。

 

 

宇多田ヒカルも言っています。

「喪失は、創造を生む。

そして、喪失が大きければ大きいほど、

より大きな創造となる」と。

 

たしかに、曲などの創られたものは、喪失の物語がメインだったりしますよね。

失恋ソングや、大切な人をなくした歌だったり…。

そんな喪失ソングは、心を打ちます。

 

そして宇多田ヒカルが言っているように、

大きな喪失ほど、大きな創造となりますね。

 

より大きなものを失った時こそ、より多くの人の心に響く"ストーリー" となるのだと思います。

 

 

今回書く内容は、あたかもネガティブな話に聞こえるかもしれません。

 

ですが、将来プラスになると信じています。

プラスにしてやるぅ!とも思ってます。笑

大きな喪失ですが、より大きな結果がきっと待っている。

そう思ってます。

 

 

 

今まで載せることをためらっていたのですが、思い切って書きます!

 

f:id:bonsa1:20190919092941j:image

 

実は今、環境の、大きな変化の中にいます。

 

 

仕事を辞めることにしました。

 

体調不良のため、です。

 

 

そう。大きな喪失とは、仕事のこと。

 

 

***

 

今の会社には、5年ほど勤めました。

 

そこで働く生きいきとした人たちに憧れ、やりたいことも叶う職場だったので、その会社は第一志望でした。

それはそれは、就活 頑張りましたよー!笑

ご縁もあって、内定をいただくことが出来ました。

 

入社後は、まさにやってみたかった業務を担当させてもらえたこともあり、張り切って仕事に取り組んでいました。

 

 

しかし、その反面、体調が優れず…。

 

退職することにしました。

 

 

仕事を続けるか、それとも辞めるか。

とっても迷いました。

 

それでも、退職すると決めました。

 

 

しかし、退職すると決めたものの、今度は将来の不安に悩まされることに。

 

次の仕事が決まっておらず、不安なのです。

不安で不安で、押しつぶされそう…。

 

それに、不安だけでなく、将来への期待もあります。

 

なので毎日、

不安期待不安期待

と、ぐるぐるしています。

 

アップダウンが激しい…!

 

 

ですが、今週の水曜日に、ふと思ったんです。

 

 

自分で、"自分の想像"を超えよう、と。

 

 

どういうことかというと…

楽しもう!

ということ。

 

 

…ん?

「不安なんじゃないの?」って思いました?

 

解説しますね。笑

 

ここで言う、"自分の想像"とは、"不安"のこと。

退職しても仕事がないことを不安に思うのは、想像の範囲内。

 

それを超えよう。

つまり、楽しもう!

 

不安とは真逆に、楽しんでみよう。

もしくは、

今はインプット期だ!と決めて、とことんインプットしよう!とかでもいいかも。

 

 

この状況で、不安に感じるのは、想像出来る。

不安になることは、簡単。

感情にどっぷりつかるのは、すぐ出来る。

 

でもじゃあ、逆に想像を裏切って、楽しむことも出来るよね?

チャレンジ出来るよね??

 

だったら、楽しみたい!

 

 

そんな思考です。笑

 

 

正直、楽しむのはムズカシイです。

だって、素の感情の、"真逆" だから。

 

けど、楽しもう!という視座を持っているだけで、行動が変わるんじゃないかな。

きっと何かあっても、楽しもう楽しもうとする。

楽しむ方向で、行動する。

 

そして、不安とも、適度なキョリを置ける気がします。

不安にひたるのではなく、楽しもう!という意識があるから。

だから、不安よりも、"楽しむ方" にキョリが近くなる。

 

***

 

不安と楽しむことの"板ばさみ" になっている今。

 

そんな今も、いつかは、

長いながい自分史の、

"ほんの注釈" になるのかな…。

(宇多田ヒカルの、「Play A Love Song」風。

伝わります?笑)

 

そんなことを思うと、少し気が楽になりますね。

 

これから、一歩いっぽ、マイペースに進んでいきたいと思います!